--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.01.22:19

監査論入門基礎マスター(5)

9月に入りました。月初なので前月の反省と今月の目標をチェックしようか・・・と思うとあまりの計画倒れっぷりに悲しくなる今日この頃です。さてどうしたものですかねぇ(汗)


--- --- --

土曜なので監査論の講義を例の如くTAC横浜校で受講してきました。講義自体はいつも通りでしたが、講師から衝撃発言が。

「監査論の新人講師採用ができてないので、上級からは別の先生がこのクラスを担当することになると思います」

とのこと。話を聞くと計算科目(簿記・管理会計・租税法)の採用はできたけど理論科目(財表・監査論)の方はまだらしく、TACのWebサイト上に講師採用の広告をだしてるのだとか。

上級から講師が変わるのはいかがなものかというのが私の正直な感想です。個人的に監査論に関しては、DVDと生講義とを用途に合わせて使い分けていたので講師が変わるとなるとそのスタンスもちょっと変更せざるを得なくなるので困ったところです。

さて、どうしましょうかねぇ・・・(-_-;)


--- --- ---

◇本日の勉強時間
監査論(講義+復習): 3h00min
租税法(復習): 1h00min
スポンサーサイト
監査論トラックバック(0)  コメント(0)
2007'08.25.23:13

監査論入門基礎マスター(4)

約3週間振りの講義でしたが・・・途中で仕事の呼び出しで前半だけ受講。

あと、全然関係ないですが、いつもお世話になってるスターバックスのPTRさん数人からことごとく「疲れてます?」って言われてしまいました。自分的にはそんなこと全然無いんですが(笑)。

きっと、勉強のし過ぎで疲れているんでしょう(大嘘)。


◇本日の勉強時間
監査論(講義): 1h30min
監査論トラックバック(0)  コメント(0)
2007'08.04.23:01

監査論入門基礎マスター(3)

とりあえず一言。延長+30分、講師も生徒も中々辛いですよね。でも一番辛かったのは、教室の外で部屋が空くのを待ってた自習室待ちの人たちでしょうね、きっと。

これは今日授業のあった部屋(講義は朝)が昼夜の講義無しだったことが経緯になる訳ですが。講義が終わった途端にドッと押し寄せる群衆には圧巻でした(笑)。


さて、講義の内容は先週の続きから監査実施論の各論へ。監査要点から入って具体的な監査手続、内部統制などなど。後半の内部統制の話しは、丁度今自分が携わっている仕事とも絡む内容だったので自分の経験を踏まえてかなり理解できた気がします。

やはり抽象的な理論の話しよりも、具体的な監査手続の方がイメージし易くて良いですね。自分の仕事の経験と照らし合わせて説明を聞いていると「あぁ、なるほど!」頷けることもしばしば。この辺は社会人経験がプラスに働くので学生さんよりは理解が深められる部分じゃないかなと思いました。

--- --- ---

お昼~夕方にかけては簿記&租税法の復習に当てました。

簿記は講義を本支店の終わったところまで消化したので、週頭から次へ進めるように本支店の問題を解きつつ復習。租税法は明日の授業に向けて先週の復習です。


◇本日の勉強時間
監査論(講義+復習): 3h30min
財務会計論[簿記](復習): 2h00min
租税法[法人税](復習): 1h00min
監査論トラックバック(0)  コメント(0)
2007'07.28.23:45

監査論入門基礎マスター(2)

とりあえず2回目です。最初のミニテストは記述が全く×。やっぱりちょっとやったくらいでは中々定着しませんね。2,3回は紙に書いて覚えるのが必要かもしれません。

講義内容は3章の監査主体論の方まで入ってきました。TAC横浜校のライブ授業の先生はかなりぶっちゃけた感じの人(旧試験制度最強だと言われていたらしい)で面白いのですが、かなりペースが速いですね。当社比1.5倍くらいのスピードが出てる気がします。

講義の内容的にはかなりテクニカルというか、受験を強く意識した内容な感じ。レジュメ等資料はかなり作り込まれていて、まとめとしてはかなり重宝しそうな感じです。個人的にはDVDの講師の方が好きではあるのですが、ここは役割分担かと思って双方有用に活用したいと思います。

ここ2,3回の講義で監査論の好き嫌いが決まりそうな気もするので、好きになれるようにちょっと頑張ってみたいと思います。まぁ嫌いでも苦手意識だけは持たないようにしたいところ。


◇本日の勉強時間
監査論(講義+復習): 3h00min
監査論トラックバック(0)  コメント(0)
2007'07.21.22:31

監査論入門基礎マスター(1)

今日から監査論がスタートです。これでようやく試験の必須科目も全て始まったことになりますね。

テキストの端書に書いてあった「監査論の勉強を始めたら、もう後戻りはできない。」の言葉、最初にこれを見た瞬間かなりのインパクトを受けました。確かに監査論は他の資格試験にはまず無い科目です。これまでの科目はある意味別の資格試験でも使えるような内容ですが、ここからやる内容は会計士のみが行う監査に関する理論の話。確かに後戻りはできないな・・・と感じました。

とまぁ、はじめにえらいインパクトを受けた感じで講義はスタートしましたが、初回の内容は総論ということで当たり前といえば当たり前の内容でした。先生が配ったレジュメも資料としては良くまとまっていて中々好感触。このまま良いイメージを持って監査論を勉強していきたいと思います。


--- --- ---

授業後は明日に向けて租税法の復習を。交際費と寄付金の計算手順をトレーニングで確認しました。流石に1週間経つと忘れているところも多かったですが、そこは先週の講義の直後復習が効いたのか少しやると割りと簡単に思い出せました。やはり講義直後の復習は有効のようです。


◇本日の勉強時間
監査論(講義+復習): 3h00min
租税法[法人税](復習): 1h30min
監査論トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © IT技術者から公認会計士を目指すブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。