--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'07.22.23:27

租税法基礎マスター(5)

土日の授業は順調に消化できていて、最近俄然やる気が出てきている水瀬です。やはり、週末にしっかり授業を受ける習慣が出来て勉強のリズムが付いてきたのがここに来てやる気が上向いている要因でしょうか。平日の講義には中々参加できませんが、このやる気を簿記、管理会計や企業法にも生かしてしっかりと勉強していきたいですね。


--- --- ---

ミニテストで相変わらずの盆ミス。というか交際費の範囲をちゃんと押さえていなかった自分が悪いんですが・・・(-_-;) これは自分自身、永遠の課題かもしれません。ホント、詰め甘すぎです。

さて、今日の講義のテーマは貸倒引当金と返品調整引当金の損金不算入額について。途中計算式等々煩雑なところもありましたが、これまで勉強してきてある程度パターンが分かってきたので、個々の数値が幾つかを押さえていけば大丈夫かなと思います(とは言ってもまたミニテストで玉砕するんでしょうが)。


--- --- ---

講義終了後はひたすら簿記のトレーニングをやりました。帳簿組織のところなのでひたすら帳簿の記帳&転記、締め切りをやりました。二重仕訳のところでまだもたつく感はありますが、その辺は更に要演習ってところでしょう。

◇本日の勉強時間
租税法[法人税](講義): 2h30min
財務会計論[簿記](トレーニング): 4h00min
スポンサーサイト
租税法トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © IT技術者から公認会計士を目指すブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。